悩み解決型の検索キーワード

パソコンは秘匿性の高いツールとして使われやすいので、非常に悩み事を検索窓に打ち込んでいるケースが多い。悩み事を検索エンジンに検索して、その検索結果で“答え”を求めているのである。
“答え”を上手に商品やサービスの購入に誘導することができれば、検索結果で上位表示される意義が生まれてくる。特に無名ブランドの化粧品や健康食品などは、薬事法に触れない範囲の効果効能の“悩み解決”の検索キーワードで SEOを仕掛ければ、商品名で検索されなくても、お客としてホームページに引きずり込むことも可能である。

ただし、悩み解決型の検索キーワードは、調べものとして終わってしまうケースが多く、先述した商品名や地域名に比べて、やはりお客様への転換率は低いと言える。このような検索キーワードで上位表示を狙う場合は、で
きるだけ多くの悩み解決型の検索キーワードを探し出して、 「どの悩み事のキーワードが一番お客様に転換されやすいかけというのを、常に意識しながら SEOをするように心がけよう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です